消費者金融でお金を借りる

急な出費で困った時には、消費者金融が1番です。消費者金融といったら、あまり良い印象がないかもしれませんが、少額借入や、ちょっとした生活のピンチを乗り越える時に向いているのが消費者金融なんです。

 

気になる金利も、少額借入なら数百円しかかからないので、それほど大きな負担にはなりません。

 

初めての申込みから借入まで、早ければ最短1時間融資も可能!今日中にあなたのピンチを何とかできるのが、消費者金融です。またフリーローンなので事業の資金以外なら借りる理由は何でもOKなので申込しやすいです。

 

申込み方法も郵送・電話・ネット・自動契約機と多種用意されているので、どんな方にも申込みしやすいでしょう。でも、一言で消費者金融と言ってもどこを選べばいいのでしょう。

 

ここでは、そんな初めての方に消費者金融の選び方や借りる方法などわかりやすく紹介していきます。

 

すぐに利用したい方におすすめの消費者金融!

 

プロミス

 

消費者金融でお金を借りるならプロミスがおすすめ!審査回答時間も最短30分とスピードが早いだけじゃなく、即日でカード発行できる自動契約機も業界でトップクラスで設置されています。

 

そして初めての方が安心できるサービスがあり。初めての方には30日間無利息サービスを受けるチャンスがあります。メルアドとWEB利用明細の登録をすれば30日間無利息でキャッシング可能!

 

 

 

 

モビット

 

モビット

モビットはモバイルとビットの略でモビットになっています。社名からもわかるようにスマホやパソコンを利用したネットでのサービスが特化しており、モビットのWEB完結を利用すれば店舗への来店不要で申込ができます。そして会社への電話連絡なしで利用できるので、誰にもバレズに利用することもできます。

 

もちろん、土日や平日でも最短即日融資も可能なので、人気で利用されています。今すぐに借りたいならまずは、ネット申込みしてみましょう。

※当日融資には、14:50までの振込手続き完了が必要です。
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

 

消費者金融の選び方

消費者金融を選ぶためのポイントは?消費者金融を選ぶなら、あなたの希望に順位をつけると良いでしょう。消費者金融は、ネットに特化した会社や自動契約機の設置数に特化した会社または、低金で特化した会社など、いろいろ状況に応じて変わります。

 

でも、どんなに低金利でも、携帯代を明日までに払わないといけないという状況なら、明日までに借りれる方法じゃないと意味がありませんよね。どんなに条件が良くても、借りることができなければ意味がありません。

 

それに、金利が低いとその分、審査が厳しいという傾向もあるので、低金利=良いというわけでもありませんね。消費者金融を選ぶなら、まずは、自分の状況を考えてから選ぶと選びやすいでしょう。

消費者金融の借り方

消費者金融で借りるには、契約を結ぶことが絶対条件です。契約を結ぶには申込&審査は絶対条件です。まずは、申込みに必要な条件や必要な書類を紹介していきます。

 

消費者金融の申込条件

  • 20歳から69歳までの方

  • 安定した収入がある方

必要な書類

  • 本人確認書

  • 収入証明書

 

申込条件の安定した収入は、アルバイト・パート・正社員・契約社員・派遣社員など雇用形態は関係ありません。アルバイトをしていれば、学生さんやパートさんの主婦さんも借りることができるので、銀行でお金を借りるよりも幅広いので、初めてお金を借りる人にも申込しやすいのが消費者金融のカードローンです。

 

提出書類も50万円以下の申込みなら本人確認書のみの提出でOKなので申込する場合は、少なめの金額で申込すると提出書類が少ないので申込もしやすいですよね。金額が少ないと審査も通りやすいので、急ぎでちょっとしたお金を借りたいなら少ない金額での借入にしましょう。

 

消費者金融は土日でも借りれる

消費者金融は土日や祝日関係なく、お金を借りることができます。ただ、土日の場合は、銀行が休みの為、振込ができない場合もあります。基本的には土日にどうしてもお金が借りたいという時は、自動契約機を利用しましょう。

 

自動契約機は、誰にも会わずに、申込・審査・契約そしてカード発行ができる機械で審査に通れば即日カード発行も可能です。カードがあれば提携のATMを使えばコンビニでもキャッシングできますし、自動契約機に併設されているATMを利用もできます。

 

土日に振込ができなくても、この自動契約機を利用すれば土日でもキャッシングできないということはないでしょう。

消費者金融の審査について

消費者金融でお金を借りるには、絶対に審査が必要です。審査で重要なのは3つあります。あなたに収入があることそして、他社への借入金額最後は、あなたが会社に勤めているのかを確認する在籍確認です。

 

もちろん審査は全て重要ですが、その中でも重要なのが上記の3つです。審査では、あなたに返済する能力があるのかを確かめるためにします。審査に落ちてしまうということは、返済が難しいと判断されたということなので、審査に落ちても落ち込むことはありません。

 

審査に落ちるか通るか不安という方は、申込みするカードローンのホームページに行くとお借入診断というコンテンツがあります。匿名ですぐに借入できるかできないかを診断してくれるので、不安な方は利用してみてはどうでしょうか?

 

参考:プロミスお借入診断はこちら

 

在籍確認について

審査で最も重要なのは在籍確認です。在籍確認はあなたが会社に在籍していることを確認する作業で、申込条件に安定した収入があるように働いていることは重要です。つまり審査での在籍確認は最も重要なものと言えるでしょう。

 

在籍確認であなたの在籍がもし、確認できなかった場合、審査に落ちてしまうこともあるので、審査の中でも重要な確認と言えるでしょう。在籍確認の方法は、直接あなたの会社に電話連絡します。電話では個人名で連絡するので、消費者金融から連絡があったと思う方はまずいないと思います。

 

在籍確認では、あなたが電話に出るのがベストですが、電話に出れない時もあると思います。そんな時でも、実際にあなたが外出しているという話になれば在籍していることは確認が取れますよね。その場合でも在籍確認はOKになりますので、必ずしも電話に出なくても大丈夫なので、安心してください。

消費者金融の金利について

消費者金融のイメージの中で金利の負担が大きいというイメージありますよね。もちろん金利はかかるので、負担がないということはありませんし、長く利用してしまうと負担が大きいです。

 

しかし、少ない金額で、すぐに返済するなら、そこまで負担が大きいことはありません。例えば3万円や5万円を給料日前に借りて10日後に返済した場合は5万円でも約250円ほどです。3万円なら10日間で自動販売機に売っているペットボトル500mlの1本分のお金で借りることができます。150円や250円のお金でOKなので、きっとあなたが思っているような負担にではないと思います。

 

ただし、長期的に利用した場合は金利の負担は大きくなってしまうので気をつけましょう。消費者金融の金利は18.0%が年利になっていて日割りで加算されていきますので期間が長引けば、やはり負担が大きくなるので、利用するなら、少ない金額を短期間で借りる方が良いでしょう。

 

ちょっとしたお金を借りるなら消費者金融

消費者金融はちょっとしたお金を借りる時こそ、利用しましょう。消費者金融の特徴としては、金利が高い分、審査や借入までのスピードが速いというのが特徴なので、利用している人も少ない金額を借りて、すぐに返済しているという方が多いです。

 

それに、消費者金融は利用限度額があり、その限度額の範囲内なら好きに借入や返済ができるので便利に利用することができるので、一度契約しておけば、あなたの急な出費を救ってくれるでしょう。

 

急な出費に備えて事前に契約をしておくと、後で楽になるかもしれませんね。

消費者金融のまとめ

消費者金融でお金を借りるなら少額で借りるようにしましょう。消費者金融はフリーローンなので、開業資金以外の理由なら何でも借りることが、できますよね。申込の書類も少ないのも初めての人も利用しやすいですよね。

 

消費者金融の選び方や借り方については別のページに詳しく紹介しています。消費者金融のサービスや賢い借り方など利用前に確認してみてください。借りる場合は、なるべく短い期間で借りれるように計画的に利用するとよりカードローンを便利に利用できますので、注意してください。

更新履歴